群馬県前橋市 腰痛,疼痛,筋膜性疼痛症候群,MPS,トリガーポイント

Laboratory of Fascia Release
HOME
クリニック紹介
院長・スタッフ
ペインクリニック
リハビリテーション室
美容外科
お悩みから探す
よくあるご質問
リンク
アクセス
お問い合わせ
MPS・トリガーポイントとは?
筋膜間注入法
エコーガイド下Fasciaリリース
スタッフのブログ
トリガーポイント治療院
ペインクリニック診療カレンダー
Calendar Loading

スタッフのブログ

痛みの治療、趣味などを綴ったスタッフのブログです。

2011年01月28日(金)
2011年01月27日(木)
2011年01月15日(土)
2011年01月08日(土)
2011年01月08日(土)
2011年01月06日(木)
2010年12月23日(木)
2010年12月23日(木)
2010年12月20日(月)
2010年12月18日(土)







ゴールドウイングが最近、生産中止になってしまった。残念!!
このオートバイについて書いた文章が、数年前に雑誌に掲載された。
     オートバイライフ
股ぐらに1.8Lのエンジンを抱えて、夏の山道を左右に傾きながら、駆け上がっていく。空気は徐々に冷えていく。普段は、静かな水平対向6気筒のエンジンが、いかにも精巧な音を響かせている。
なんという快楽!・・・他では、ちょっと味わえない。
 私のオートバイは、U.S.HONDA社製GOLDWINGだ。エンジンは、1832CC,車両重量428kg。世界初のエアバッグ、ナビも搭載されている。ブレーキもかなり奢っている。高度に制御された
前後連動式、ABS付きのブレーキが装着されている。つまり、慌てて右手で急ブレーキをかけても前輪だけロックするようなことはない。
また、その場合でも姿勢変化はほとんど起こさない。
アンチノーズダイブ機構まで組み込まれているからだ。
 iPod接続可能なオーディオは、完全防水の4つのスピーカーを、備え、驚いたことに100km/hで高速を走っていても音質は抜群だ。
また、電動リバースギアでバックできるので、停車場所に気を遣わずにすむ。こんなオートバイはHONDAにしか作れない。
 オートバイに乗る楽しみは、人それぞれだ。仲間とあちこちにツーリングに行くのも楽しいだろう。改造に数百万かける人もいる。誰よりも早く峠を走ることが生き甲斐の人もいるだろう。私が今、楽しんでいるのは、低速での取り回しだ。幸い、駐車場が広いので、8の字走行、スラローム、フルロックターンなどの練習をしている。オートバイが先生で、私が生徒だ。時々、バランスを崩した時でも、このオートバイは、重心が低いのと、基本設計が優れているのだろう、リカバーしやすい。徐々に、400Kg超のマシンが自在に操れるようになって行く。その課程が楽しい。
 今でも鮮明に覚えているが、私が、はじめてオートバイを運転したのは、小学校6年のときだった。のどかな時代だった。私の住んでいた家の前の道路が200mくらい舗装工事で一時、通行止めになっていたので、父親が、運転を教えてくれた。その時のスピード感、風の感触、匂い、エンジンの音は、私の記憶に強烈に刻まれた。
 この時以来、オートバイに魅了されてしまったが、20代半ばを最後に、私は、この楽しみをしばらくの間、封印した。その理由は、あまりに危険すぎるからだ。ベテランのオートバイ乗りなら大抵は、仲間を亡くしているはずである。路上は、異種格闘技だ。こちらは、裸のライト級、相手は、大抵はスーパーヘビー級で、プロテクターも備えている。勝ち目はない。
 なんとなく50歳になったらオートバイライフを再開すると決めていた。ただ、路上で大型のオートバイとすれ違うたびに、また家の中で排気音を聞くたびに、胸が騒いだ。昨年47歳のとき、偶然通りかかたったハーレーダビッドソンの販売店に軽い気持ちで立ち寄った。軽い気持ちで、ちょうど目にとまったストリートグライドに跨ってると、「エンジンかけてみますか?」と声をかけられた。断る理由はない。
 久しぶりに興奮した。昔より大分マイルドになったとはいえ、その荒々しいエンジン音、振動は、十分刺激的だ。「早く乗らないと、乗る時間が少なくなりますよ」・・・たしかにその通りだ。早速、注文して、大型免許取得のため教習所に通いはじめた。なかなか楽しい経験だった。
  合格の翌週、真っ白なストリートグライドが納車となった。このハーレーダビッドソンというオートバイは、世界中で愛されている。なんと言っても、理屈抜きでかっこいいからだ。力強いフロントフォークとマリリンモンローのようなセクシーなタンクの曲線の組み合わせが絶妙だ。 
 ただ、このオートバイは、半年で泣く泣く手放した。安全性には、代えられない。オートバイに、エアバッグが付くとしたら、間違いなくホンダからだと、予想していたが、いよいよ発売になった。衝突開始からエアバッグ展開、ライダーの運動エネルギーを吸収し終わるまでに要する時間は、0.15秒。二輪事故で最も致命的とされる、前面衝突時の障害軽減に役立つ先進の安全技術だ。
 ゴールドウイング乗りには、70歳以上の先輩ライダーが少なからず見られる。そういう先輩は、無駄な動きがなく、走る姿が美しい。私も、そうなりたいと、常々思っている。
今度は200CC 位で、生産しないかな〜〜
そういう時代じゃないのかな〜〜

5年ぶりに購入したプロジェクター SONY VLP-VW90ES。



やっぱり進化している。画面が明るくて奇麗だ。
3Dにするとちょっと画面が暗くなるが、2Dだと申し分ない。

押井守監督のイノセンス
あまりアニメは観ないが、これは凄い。音もいい。

ちょっと古い映画が、ブルーレイで安く買える。
やっぱ、デニーロ渋いね〜〜〜
例のブツもできたようだ。
テスト中・・・

トランスは、大分できたようだ。

ドライバーの電磁石の電源を、タンガーバルブに換えたら、激変した。
ウーファーとツイーターは、どうなんだろう?
楽しみだ。




社長とパラゴンさんと私。
沢山のタンガーバルブを目の前にして、にやけています。
う〜〜ん、ちょと怪しい世界だな〜〜
変なおじさんたち。

最後は、ゴルフ仲間のYちゃん宅。
最近格安でオーデイオを始めました。
話は、約2ヶ月前の一本の電話から始まります。
高齢の知り合いの方からで、
足腰が弱くなってしまって、2階のリスニングルームに行くことが難しくなったので、
一式引き取って欲しいとのこと。
5〜6年前に一度伺ったことがあったのですが、当時は、オーディオにあまり興味がなかったので、どんなオーディオだったか覚えていません。
とりあえず、いつもの社長と行くことにしましたが、力仕事になりそうなので、Yちゃんに手伝ってもらうことにしました。
3人ででかけてみると、手作りの真空管アンプとプレーヤーが2台、アルテックA7のユニットに自作の箱。ピアノに使う木を使ったそうで、ガッチリしてます。
それとレコードが約150枚。
流石に、ただというわけには、いかないので10万円おいてきました。
その中から、Yちゃんが4万円でスピーカーとアンプを引き取りました。
それと、とりあえず、レコードは、聴かないということなので、私のiPodを使うことにしました。


総額4万円なので、なめてましたが、まとまったいい音がします。
アルテックらしい、明るい私の好みの音です。
自宅で聴くのだったら、A5よりA7の方が聴きやすいですね〜

続いてKBさん宅。
このお方、交友関係が、なかなか華やかで、メグの寺島靖国氏や趣味の極道でおなじみの三上大先生とも懇意にしてらっしゃる。
当日も、ジャズピアニストの福田茂雄氏が遊びに来るとのこと。
オーディオには、あまり凝ってない様子で、社長に任せてるって言ってますが、仲間の間では、非常に評価が高く、前からお邪魔したかったお宅です。

すべて電磁石。
私のところと共通する物が、いくつかあります。

でも、ちょっと違うな〜〜
いつもの社長の作ですが、時期によってバージョンがちょっと違います。
これも、格好いいね〜〜!!
さて、今回のお目当ては、これ!

これか〜〜〜〜!!!
エール音響が限定生産した、555型ドライバー!
ケースに純鉄を使ってあるので、本物よりいいという人もいます。

歯切れのいい音がでてきます。すばらしい!!
この電源を、タンガーバルブに換えたら・・・
あまり興味がないようです。
近々増築の予定で、社長のつくった22Aホーンも注文してあるそうです。
どんな音がでるか、今から楽しみです。
KB氏、メグには、よく行くそうで、近々「超高額オリジナル盤対抗戦」総額500万円という
なんとも凄い企画があるそうです。
帰りに、ナットキンコールとフランクシナトラのレコードを貸してくれました。
いや〜〜 オーディオお宅拝見は、楽しいですね〜〜〜〜
続く・・・

昔は、こんな便利な道具はなかったそうだ。

師匠が見かねて来てくれた。ありがたや。

誰が考えたのか、よくできた道具だ。こんなものが1000円ちょっとで買える。

ちゃんと芯がでる。
びっくりするほど簡単。
まったく、最近感動することが多い。
まずトーチで受けを炙る。スコンと軸受けが入る。
もう慣れた。

この状態だと、きつい。
冷えたら、この変な形の道具をドリルに付けて、入れる。

ちょっと研磨して、ブレーキクリーナーで掃除して、オイルを差して、
組んでみる。

ピッカピカ。

お〜〜〜
もうちょっとかな。数ミクロンの話だ。
3回やって、ちょっと渋いところで止めておく。
ここがポイント。
手で回転させて、スピンドルの汚れを拭いて、また回転。
どんどん滑らかになっていく。
回る回る。いつもより余計に・・・

とうとう、軸と軸受けが吸い付くように滑らかになった。
すばらしい!!!
あらためて、オリジナルを見てみると、ガタガタ。


内側があまり減っていないので、もともとガタガタだったのではないか。
師匠の鋭い指摘。
オリジナルを完全に越えたね!!
音だし。

いいに決まっている。アイドラーを新品に換えた時以上の変化。
文字通り芯が通った音になった。
RCAに比べて、軽快な音だ。ピアノも安心して聴いていられる。
最近、影の薄かったGATESだが、惚れ直した。
一方、風邪気味のドライバーは、タオルを巻いてやったら、良くなった。

ちょっとかっこ悪いね。
まあ、とりあえずいいだろう。
昨日の不調から一転、問題解決できた。
ありがたや。

意外に早く軸受けが出来てきた。
今度は、職人が気合いが入ってるみたいだ。
シャフトと軸受けの内径の差が15ミクロンだそうだ。こうでないと・・・

早速、軸受けを、塾受けの受けに木槌で入れてみた。

あれ、ちょっと入りずらい。
嫌な予感・・・
ターンテーブルを入れてみる。
きつい。
とうとう動かなくなってしまった。

参った。
バイスプライヤーで、何とか引っこ抜く。
ガストーチで炙って、軸受けを抜く。
もしや、今度は、軸受けの受けを炙ってから、入れてみる。
ストンと入る。
成功かな〜〜〜
さっきよりいいが、冷えてくると、やっぱりきつくなる。
軸受けの外周を削らないとだめみたい。
まったくやっかいなことになった。
それに・・・
最近ホーンの鳴りがいまいちだ。


ピアノは、割れてるように感じるし、ボーカルは、風邪を引いてるように聞こえる。
要するにピンぼけの音だ。
面白くない。
この前、社長にところで優雅な22Aホーンを聞いたからだろうか。
往診をお願いした。
ダイアフラムは、大丈夫みたいだし、原因が分からない。気のせいでもなさそうだ。
変わりにユニットを持ってきてもらうことにした。
どうも最近不調だな〜〜

物が来た。


どうなることやら・・

センタースピーカーが来た。2万円、20Kg。

やっぱりフロントスピーカーは、切り替えスイッチをつけて、これにした。


サラウンドスピーカー。

サラウンドバックスピーカー。

サブウーファー。

これで7.1Chになった。
ちょっと音を聴いてみようと前に観たターミネーター4を見始めたら、
面白くて最後まで観てしまった。

3Dのプロジェクターは、来年になりそうだ。