群馬県前橋市 腰痛,疼痛,筋膜性疼痛症候群,MPS,トリガーポイント

Laboratory of Fascia Release
HOME
クリニック紹介
院長・スタッフ
ペインクリニック
リハビリテーション室
美容外科
お悩みから探す
よくあるご質問
リンク
アクセス
お問い合わせ
MPS・トリガーポイントとは?
筋膜間注入法
エコーガイド下Fasciaリリース
スタッフのブログ
トリガーポイント治療院
ペインクリニック診療カレンダー
Calendar Loading

最新の記事

大先生がいらした。 - オーディオ

15Aの作りの良さに関心していた。それと555は、力強いと。
ただやはり、紙のウーファーじゃ、ぜんぜんだめみたい。
「ただ音が出てるだけだね、楽器がそこにない」 って厳し〜〜〜
いろいろ教えていただいたが、よくわからないことも多かったので、後で、社長に聴いてみよう。
低音ホーンの作成のヒント
1.低音ホーン 1.4×2.4mの開口、 長さ10m!!
2.ドライバーは、エールの60kg級で十分。
3.スロートの後は、30mmの板で、コンクリーじゃなくてもOK。ただし補強を入れる。
4.塗装は、3回塗りで、最後は、なんていったかな〜〜
5.最終的には、4ウェイが理想。
6.オリジナルにこだわる必要は、まったくない。 たとえば、米松をありがたがる風潮を笑っていた。
7.低音にそれ以外と同じくらいのお金をかけないとだめ・・^^;
やっぱり、50年以上もホーンスピーカーを作ってるだけあって説得力が違うね〜〜
帰り際にH1をみて、さかんに関心していた。機能美が美しいとのこと。
方向性が見えてきた!!