群馬県前橋市 腰痛,疼痛,筋膜性疼痛症候群,MPS,トリガーポイント

HOME
クリニック紹介
院長・スタッフ
ペインクリニック
美容外科
お悩みから探す
よくあるご質問
リンク
アクセス
お問い合わせ
MPS・トリガーポイントとは?
筋膜間注入法
エコーガイド下Fasciaリリース
院長のブログ
トリガーポイント治療院
ペインクリニック診療カレンダー
Calendar Loading

エコーガイド下Fasciaリリース

エコーとは?

エコーは超音波診断装置の略称です。

エコーは超音波を使い体の内部を見る事ができ、特に心臓や腹部の検査に頻繁に用いられてきました。

近年、解像度が大幅に向上し、筋肉や関節などの運動器に対しても非常に有益な検査法として注目されています。

エコーガイド下Fasciaリリースとは?

最近の研究で、トリガーポイントは、筋膜上にあることが分かってきました。特にエコー上、白く厚く重なった筋膜に高率に存在します。

また、筋膜以外にも、腱や靭帯、脂肪などの結合組織=Fascia(ファッシア)にも発生することがわかってきました。

このように、エコー上、白く重積した異常なファッシアは、痛みの原因(発痛源)となるだけでなく、fascia自体の伸張性や周囲組織との滑走性(すべり)が低下している傾向にあります。

エコーガイド下Fasciaリリースとは、エコーを用いて、この白く重積したファッシアを確認して、そこに薬液を注入することによって、この異常なファッシアを解消する治療法です。痛みが低下するだけでなく、筋膜の伸長性や関節の可動域が改善します。

当院のエコー機器には、SNV(Simple Needle Visualization)機能というものがあります。これは、周辺組織のノイズを低減させ針の視認性を向上する機能ですが、重積したファッシアも青く光り、良く見えることがわかりました。この機能を使って、針先と異常なファッシアを確認しながら治療ができます。

メリットは?

エコーガイド下Fasciaリリースには以下のメリットがあります。

  • トリガーポイントのある場所が、見えるようになりました。
  • 筋膜が重積している部分が見えるので、確実に針先を進めることができます。
  • 血管、神経などを避けて、筋膜だけに刺入することが可能です。
  • 治療効果がはっきりと見えます。

エコー画像実例(動画)

当院では、下記以外にもエコーガイド下筋膜リリースの動画を随時、追加公開しています。

エコーガイド下Fasciaリリース動画」のページを参照願います。

三角筋 上腕二頭筋短頭 SNV 機能

解説

三角筋と上腕二頭筋の間の筋膜が白く厚く重積しています。SNV機能を使うとその部分が青白く見えます。

重積した部分に針先を進め、薬液を注入することによって癒着を剥がします。肩の痛みや可動域制限に有効です。

大胸筋 小胸筋 2例

解説

画面中央部に筋膜が厚く重積している部分(白く見えます)があり、そこに薬液を注入することによって、この癒着を剥がしています。

参考図書

エコーガイド下Fasciaに関する参考図書を紹介いたします。

 

Fasciaリリースの基本と臨床

Fasciaリリースの基本と臨床

Fasciaリリースの基本と臨床

Fasciaの解剖学・生理学の知識,異常なFasciaを適切に評価するための動作分析・触診・エコー技術の基礎,エコーガイド下生理食塩水注射を中心としたFasciaリリースの手技が,豊富な図とWEB動画を用いて解説されています。

無刀流整形外科 メスのいらない運動器治療

無刀流整形外科 メスのいらない運動器治療

無刀流整形外科 メスのいらない運動器治療

運動器疾患を「切らずに」治し、メスを入れる時は「自信を持って」行うために必要な“無刀流整形外科”最新の知見・技術を解説しています。

エコーガイド下fasciaリリースが普及することによって、不必要な手術・投薬がなくなり、手術の成績も向上するものと思われます。