群馬県前橋市 腰痛,疼痛,筋膜性疼痛症候群,MPS,トリガーポイント

納車前の整備。 - HummerH1

お手伝いのつもりが、邪魔だったかな〜〜たぶん。
今まで、沢山 車に乗ったが、いつも車屋さんにお任せで、エンジンオイルもチェックしたことがなかった。
ハマーと付き合って行くには、ちょっとそれでは、まずいようだ。
いきなり止まっちゃうことがあるらしい。どうも見かけによらず、虚弱体質らしい。
少し知識がないと。
それに、オーナーのみなさんのブログをみると、みんな楽しそうに車いじりをしている。
ということで、メカニックのNさんにお願いして、フィルターの交換をやらせてもらうことにした。
それと、ちょっと車の講義。
驚いた事に、車について、なんにも知らないということが、分かった。もう数十年乗っているのに。
まずは、エアーフィルターの交換。あまり汚れていなかったが、交換することにした。

この蓋の傷が気に入らないので塗装してもらったのに、すぐにまた、傷がついた。
どうもボンネットの金具が干渉しているようだ。
まあ、いっか〜


これは、楽勝!!
つぎは、燃料フィルター。
こいつは、やっかいだった。ちょっと奥まったとこにある。
私には、手に負えない。早くもNさんにお願い。
だいたい蓋が固い。ドライバーとハンマーでトントンして緩めた。
手前のコンプレッサーと配線をずらしても、まだアクセスできない。
しょうがないので、容器本体を固定してあるネジを緩めて、やっと古いフィルターを抜く事ができた。

ちょっと汚い。


新しいフィルターを挿入すのるには、コツがある。

凹凸をちゃんと合わせないと、入らない。中でずらすとフィルターが痛んでしまうようだ。
このあたりの話は、最近お世話になっているHUMMER Owners Club JapanのT野様が、懇切丁寧に教えてくださった。
どうも、このお方は、業界では有名な方のようだ。いろいろ教えて頂いて本当に助かる。
メカニックのNさんも写真があって喜んでいた。
次にファンベルトの交換。
これも、あまり痛んでないようだが、ついでに交換。


ようするに わたしは殆ど見てるだけだった^^;
あと交換するのは、FSDと燃料ポンプ。これらは、突然お亡くなりになるそうだ。
とくにFSD(Fuel System Driverあるいは、Fuel Solenoid Driverとも言うらしい)は、エンジンに近くにあるので、熱でやられちゃうようだ。

FSDの移動先は、運転手側は、なんやら いろいろあるので、反対のバッテリーの方に付けてもらうことにした。
明後日かな。
燃料ポンプも交換するつもりだが、私のは、どうも前のと違うところにあるようだ。
燃料フィルターの近くになくて、車体の下の方にあった。

これは、ちょっと後でかな。
今日の教訓:車イジリは、楽しい。
      車イジリは、服が汚れる。
      メカニックは、偉い。