群馬県前橋市 腰痛,疼痛,筋膜性疼痛症候群,MPS,トリガーポイント

擦り合わせ - オーディオ

昔は、こんな便利な道具はなかったそうだ。

師匠が見かねて来てくれた。ありがたや。

誰が考えたのか、よくできた道具だ。こんなものが1000円ちょっとで買える。

ちゃんと芯がでる。
びっくりするほど簡単。
まったく、最近感動することが多い。
まずトーチで受けを炙る。スコンと軸受けが入る。
もう慣れた。

この状態だと、きつい。
冷えたら、この変な形の道具をドリルに付けて、入れる。

ちょっと研磨して、ブレーキクリーナーで掃除して、オイルを差して、
組んでみる。

ピッカピカ。

お〜〜〜
もうちょっとかな。数ミクロンの話だ。
3回やって、ちょっと渋いところで止めておく。
ここがポイント。
手で回転させて、スピンドルの汚れを拭いて、また回転。
どんどん滑らかになっていく。
回る回る。いつもより余計に・・・

とうとう、軸と軸受けが吸い付くように滑らかになった。
すばらしい!!!
あらためて、オリジナルを見てみると、ガタガタ。


内側があまり減っていないので、もともとガタガタだったのではないか。
師匠の鋭い指摘。
オリジナルを完全に越えたね!!
音だし。

いいに決まっている。アイドラーを新品に換えた時以上の変化。
文字通り芯が通った音になった。
RCAに比べて、軽快な音だ。ピアノも安心して聴いていられる。
最近、影の薄かったGATESだが、惚れ直した。
一方、風邪気味のドライバーは、タオルを巻いてやったら、良くなった。

ちょっとかっこ悪いね。
まあ、とりあえずいいだろう。
昨日の不調から一転、問題解決できた。
ありがたや。